ビスケットチャレンジ

2020年5月 9日 (土)

レンジで簡単いちごソース

504b347140cf476f8ecd6b04c614f877

<材料>
イチゴ 3粒
砂糖 大さじ1〜2

<作り方>
砂糖をまぶして、電子レンジで30〜40秒。
じゅわ〜となってきたらレンジを止めてできあがり

<使い方>
ジャムやプリザーブのかわりに。
シロップは炭酸飲料と合わせてイチゴドリンクに。

A0bf3377cde54124a458e3e87d58bb17

いちごは生でも冷凍でもできます。
今回は、生の苺をたて半分に切って冷凍ストックしておいたものを使いました。

2020年4月30日 (木)

ソーセージグレイビー

アメリカ南部を旅するとしばしば出会うソーセージグレービー。
ビスケットとよくあいます。
懐かしいので作ってみました。

A0743891d6cf4e0599269e9992f2b17c

ビスケット2個分

<材料>
ソーセージパティ 80-100g
小麦粉 大さじ1
牛乳 240cc(アメリカサイズ1C)
バター 適量    
黒胡椒 適量  
塩 適量

<作り方>

1 ソーセージパティを崩しながら炒める(豚挽肉に塩、こしょう、ハーブパウダー(ガーリック、セージ、ローズマリー、チリなどお好みを)を加えて炒めてもOK!)
2 焼きめがついて脂が出てきたら、ソーセージをとり出す。
3 フライパンに残ったあぶらにバターを足して大さじ1くらいの量にする。
4 小麦粉を加え弱めの中火で炒める。
5 5分程炒め小麦粉が薄茶色に変わったら人肌程度に温めた牛乳を少しずつ注ぎ、良く混ぜながら沸騰させる。
6 ソーセージを戻しトロミがつくまで5分程煮詰めて出来上がり。

<参考>
ビスケットのレシピ→こちら

 

<流れ>

67b38e76def64909aedcbceea0420459

673e83490ea2464eac3b8d2ff3d323d9

 

0768d10ee1fe4f628439f9a46a9969fd

11ddbce18a2f4f9db2ecfa8030b1d952

 

A39fd9c1b3a04283a6e198012c54e56f

2020年4月29日 (水)

ラードでビスケットチャレンジ!

446a47c11c0f4bbf8e76b79b673f46b2

さて、非日常を非日常なことをして過ごすべくマイブームのビスケット作り。
楽しく進んでいます。

Stay Home週間で、小麦粉やバターが品薄。
でも、ビスケットならバターの代わりにラードやショートニングで作れます。
アメリカのレシピでビスケットを検索するとラードバージョンはオールドファッションドとかクラシックと呼ばれています。
そもそもアメリカ南部は豚食文化、ラードも大切に扱われてきました。
ラードはバターより融点が高いので焼成中にゆっくり溶け小さな気泡を作るのでよく膨らみサクッと仕上がるらしいです。
加えて、アメリカ南部の小麦粉はタンパク質の含有量が少ないもので軽やかに仕上がるとのことで、
ビスケットが南部でポピュラーなのも肯けます。

ということで、今日はラードレシピご紹介。
今回は、食事むけに砂糖なしです。
メープルシロップをかければ、ほぼ某フライドチキンのお店の味に近くなります。

バターをラードに置き換えて作るだけ。
ショートニングも問題なくできます。
液体の油は向きません。

私は今回面白いチャレンジしました。
ラードは豚ロースの塊をオーブンで焼いたときにできた脂。
足りない分はショートニングで補うっていう合わせ技。

問題なく仕上がっってご満悦です。
何ごとも自己満足が大事ってことで♪

 

直径6cmで4個分です。

<材料>
小麦粉 1カップ(アメリカサイズ=240ml)
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 小さじ1/4
ラード 30g
牛乳 大さじ6 (90ml)
あればレモン汁 小さじ1

☆コップは直径6cm前後がそれらしくできる大きさだと思います。

<作り方>
1 牛乳にレモン汁を合わせて冷やしておく
2 大きめのボウルで小麦粉、ベーキングパウダー、塩をよく混ぜる。
3 よく冷やしたラードを加え、フォークかカードで細かく刻む。
4 細かくなったら指先でをつぶすように小麦粉とこすりあわせてサラサラにする。
5 真ん中をくぼませて、レモン汁を加えた牛乳を入れ周りを崩しながら全体を混ぜる。かなりベタベタしますが気にせずに。
6 打ち粉をした台に移して、手のひらで押し、二つ折りを繰り返しながら(5~6回)まとめる。
7 2cmくらいの厚さに伸ばして、丸型(コップ)のクチに粉をつけ型抜きする。
8 クッキングペーパーをしいた天板に並べる。
9 220度のオーブンで10分焼いて、最後に溶かしバター(分量外)をぬって香りと艶をつける。

☆フードプロセッサーで作る場合は、2~4の手順をガッガッガッと短く回して手早くまとめます。
☆牛乳を入れた後は多少粉っぽさが残っていても大丈夫。練り過ぎ無いよう注意してください。

8cd107aaa8d245559fe6adc0a022e0bd

自分の中では、成功だと思います♪

 

008c2f59ffac4cb1b03ebb03d89e159f

 

5e602a1efd0b4e98a099fe5d18223b59

楽しいこねこねタイム。
なんだか癒されます。

 

 

2020年4月26日 (日)

ビスケットチャレンジ!?

3ed829db37a640c1b6a89b51c509e196

 

 

新型コロナで外出自粛の昨今、キッチンに立つ時間が長くなった人も多いのでは?
私も久々にゆっくりと料理の時間を持っています。

 

私の作るビスケットはアメリカ南部のバターミルクビスケットのレシピがベースになっています。
先日フードプロセッサーで作るレシピを載せたところ、フードプロセッサーなしでどう作るの?
と問い合わせをもらったので、基本の手ごねバージョンのレシピと写真を載せてみます。

あわせてバターミルクの代用としてレモン汁を牛乳に落とす方法でやりました。

いずれの手法でも、生地はベタつくのでちょっと難しいく感じますが何度か作るうちにすぐに慣れます。
気軽に作ってみてくださいね。

トップの写真は、卵型のケースにバターとイチゴジャムを入れてお友達のおうちにデリバリー用でちょっとおめかし。
(歩いて5分のビスケットが冷めない距離!)

 

直径6cmくらいで4個分です

<材料>
小麦粉 1カップ(アメリカサイズ=240ml)
砂糖 大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 1つまみ
バター 30g
牛乳 大さじ6 (90ml)
あればレモン汁 小さじ1

☆コップは直径6cm前後がそれらしくできる大きさだと思います。

<作り方>
1 大きめのボウルで小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩をよく混ぜる。
2 よく冷やしたバターを角切りにして加え、フォークかカードで細かく刻む。
3 細かくなったら指先でバターをつぶしながら小麦粉とこすりあわせてサラサラにする。
4 真ん中をくぼませて、レモン汁を加えた牛乳を入れ周りを崩しながら全体を混ぜる。かなりベタベタしますが問題なしです。
5 打ち粉をした台に移して、手のひらで押し、二つ折りを繰り返しながら(5~6回)まとめる。
6 2cmくらいの厚さに伸ばして、丸型(コップ)のクチに粉をつけ型抜きする。
7 クッキングペーパーをしいた天板に並べ、溶かしバター(分量外)をぬる。
8 220度のオーブンで10分焼いてできあがり。

 

<写真撮りました>

373319fc881641419755fa5b5d2f4f62

5069664bde8d4839b21e63c6ad0f6bfa

 

Bd9cc934334f415fb5713ce8148008a3

7d65399293a243248238a71ae938856b

 

122ef832a329466e839b65b571ad78ef

7e5e76534b234736a057d4f1f17d4c5b

5b6e72ac8774426e8785905727383e52

0a6029b4eb6848b8a0ff3383ba579d06

8859dcfff60844a0830a9caaeaeea1d4

1297d89123ee4d6aa375ee12d077f571

8bb9f200ffca44ba8b9665e1bcc7ec18

 

8069c37b71fa4e28b5615ab462118e13

C01e2e38696747ac8130a67303dd9429

 

733ae65108bd48308cac15d1a311018d

Fd57042467c14855b346e32b94462e33

 

3ed829db37a640c1b6a89b51c509e196

2020年4月21日 (火)

ビスケット4個のレシピ

 

507a830d512b4e768eac97c947444358

糖質制限はしばらくお休み(汗)
なんだか無性に小麦粉の味が恋しくて。

さて、久々に小麦粉を使って朝食の準備。
最近は集まってワイワイ食べることができないので慣れない個食に挑戦中。

小麦粉1カップ(アメリカサイズ=240ml)
砂糖大さじ1
ベーキングパウダー小さじ1
塩1つまみ(小さじ1/4)
バター30g
牛乳大さじ6 (90ml)

1 小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩をフードプロセッサーで軽く攪拌する。
2 バターを加え、断続的にフードプロセッサーを回し全体がサラサラになるまで混ぜる
3 牛乳を入れ、フードプロセッサーを2〜3回断続的に回してざっと混ぜる。
4 打ち粉をした台に移して、5~6回折りたたみながらまとめる。
5  2cmくらいの厚さに伸ばして、丸型(コップ)のクチに粉をつけ型抜きする。
6  クッキングペーパーをしいた天板に並べ、220度のオーブンで10分焼いてできあがり。

イチゴ4粒+砂糖6gをレンチンするとストロベリーソースができます。
生クリームをホイップして一緒に載せるとアメリカンスタイルのストロベリーショートケーキに。

0ae18dd5227a4c22a58b4c25c470813d

83661b35ef6849a2b2f4be0e5afd3b4e

ふわっと焼けました!

Afb7c5b0d38e4b2c8a036525bf61c06c

979e54afcff74744aad70b69d771eac5

ベランダでアウトドア気分!

2019年8月18日 (日)

計量カップで南部風ビスケット

今朝はパンを食べたかったけど買うの忘れた(泣)
仕方がないから、ビスケットを焼こうかな。
なるべく手間を省いて、今日はフードプロセッサーでがが〜っと混ぜちゃおう。
計量もアメリカ式にカップですませます。

A0cd6363d722457eba8d73ef900d776f

アメリカは計量カップで粉を計るのが面白い。
しかも、日本と違って1カップは約240ml!
自分用に応用しようと、グラムや日本のカップ(200ml)に換算してみるんだけどこれが結構面倒です。
ということで、たどり着いたのは、アメリカの計量カップを使うこと。
だって、いちいち換算しなくていいんだもん。
準備が格段に楽になります。
アメリカのレシピサイトをよく使う人は、アメリカのスーパーや100均で買えるので、よく旅行に行くお友達がいたら頼むといいかも。

9917ef801e5e4bceb5821ba2afb91eb8
Walmartで買いました。大さじ、小さじまでついてて便利。
アメリカの大さじ、小さじは日本と一緒です。

Pyrex

アメリカのパイレックスもおすすめ。
これは、反対側には見慣れた50cc単位のメジャリングもあって超便利。

前置きはこれくらいにして、
作るとしますか・・・

528289e0296d44ebba3ce5600549e847
がーん。
計量カップが入らないよー(笑)
もっと大きい袋を買えばいいだけの話だけどね。
日本は袋を傾けて器に移して重量を計るので、それ用の設計になっているみたい。

さて、文化比較が終わったところで、気を取り直してビスケット作り!

<南部風ビスケット 4個分>

  • 小麦粉・・・1カップ*アメリカサイズで240cc
  • ベーキングパウダー・・・小さじ1
  • グラニュー糖・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 無塩バター・・・40g
  • 牛乳・・・1/3カップ(80cc)
  • あればレモン汁小さじ1

<作り方>

1.オーブンは200度に予熱しておく。バターは角切りにして冷凍庫でよく冷やす。
2.フードプロセッサーに、小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れよくまぜる。
3.2にバターを入れよく混ぜる
270956ccb0cd4bf7846247c8add10940 
よく冷えたバターを混ぜてサラサラな感じに。

4.牛乳とレモン汁を合わせてよく混ぜ3に入れ、フードプロセッサーを短く回しざっくりと混ぜ合わせる。
5.軽く打ち粉をした台に取り出す
98f0a18b66dc45389db21ae6bbecf1ba

6. 折りたたんでめん棒でのばす作業を4~5回。最後は2cm厚程度にのばす。
825d23c2a3834312aeb7f9c085a87c60

7.抜き型かコップを使って丸く抜く。ふちに粉をつけるとはずしやすい。
8.天板にクッキングシートを敷き込み、6を並べる。あれば溶かしバター(分量外)をトップに塗ってオーブンで約10〜15分。Fc305327fcfe46c7aedee01d8359b9b6


9.焼きあがったら、つやだしのために溶かしバター(分量外)を塗ってできあがり。
Ecffa28ca22d4d95909f21f0b256bbf2

そのままでもよし、ジャムやメープルシロップをかけてもよし。
おかずにもよく合います。

2018年4月28日 (土)

窓辺でモーニング

 

昨晩はご飯を食べ損ねた。
ストレスフルな一週間だったし、
疲れを吹っ飛ばしてやろうと、思いつくまま制限なしでばーんと朝食準備!

 

Get ready!!

 

コーヒーをセット。
冷凍しておいたビスケットの生地を解凍してオーブンへ。
ソーセージ、玉ねぎ、ピーマンを炒める。ソーセージの塩気があるのでコショウのみ。
目玉焼き作る…

 

と張り切ってみたけど、
せいぜい、倍量どまり。

 

目玉焼き2個食べて満足しちゃったりして・・・
ちっちゃいなあー>自分 

でも、天気が良かったから窓辺で食べた。
ここは少しお行儀悪く足を投げ出して。
お、いい気分!

Weekendはこういう時間が楽しいね。
またやろうっと


2018年4月 1日 (日)

アメリカンな朝食を演出するならビスケット!

 

写真は、とある日の朝食。
・焼きたてビスケット
・スクランブルエッグ&グリッツ
・ソーセージ w/ピーマン&オニオン

 

アメリカ南部風ビスケットは、アラバマからゲストが泊まりに来る時は必ず作る。
最近は、生地を冷凍できるというレシピを見つけたので、まとめて作っておくのが気に入ってます。
これでゲスト滞在中にいつでも焼きたてを食べてもらえるのだ〜♪

 

キッチンエイドでぐるぐるバージョン。
ビスケットは、直径6cmで24個できる分量なので、手でこねるのは少々面倒。

 

せっかくなので動画も作ってみた。

 

 
初レシピ動画!
改良の余地は大アリだけど、編集するのはなかなか楽しいもんだね。

 

2018年3月26日 (月)

アメリカ南部の朝食

私の料理師匠、絶賛滞在中!
我が家を拠点に各地をまわり、あと3~4週間は日本にいるらしい。
慣れたもので、お腹がすくと適宜何か作って食べてくれるのでまったく手がかからずこちらも楽ちん。

 

写真は、とある日曜の朝。
師匠が作ってくれました。
ソーセージ、フルーツ、朝イチひさびさに作ったビスケット、そしてとろっとしたのはグリッツ。
グリッツはホワイトコーンを挽いたもので、お粥みたいにして食べる。
慣れると結構おいしくて、アメリカのスーパーマーケットに立ち寄ると必ず買ってしまうほどに・・・(笑)。
今日はサニーサイドダウン(両面目玉焼き)を崩して、グリッツと混ぜてぱくりと・・・。

 

 

 

食後は、アメリカ人で日本在住のお友達が顔をだしてくれて談笑タイム。
ひさびさに、流暢な英語でやりとりできて師匠もほっとしている様子。
(こっちも、ほっとしたけど)

 

こうなってくると、日本にいるのかアメリカにいるのかよくわからなくなってくる(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ひさびさにビスケット。
最近、ローカーボライフで小麦粉レスだったけど、この香ばしさはやっぱり好きだわ♪
一応、1個でやめといた・・・。

 

 

 

で、日本では入手困難だけど、いちおうグリッツのレシピ。
何かの参考に(笑)

グリッツ

グリッツ

 

りるさん

 

アメリカの南部を旅すると必ず出会うソウルフード。材料は、日本で売っているのを見た事がなく、アメリカにいったときに買い込んできます。機会があったらぜひ作ってみてください。

 

レシピブログ

 

2018年3月24日 (土)

私のsoul food師匠

私のもっとも敬愛するソウルフード師匠は、アラバマを拠点に世界にゴスペルミュージックを伝えようと精力的に活動しているアンドレ・レイノルズ牧師。
彼との出会いによって人生が変わったと言ってもいいくらいの恩師。

 

ただいま、我が家にホームステイ中。

 

 

ゴスペルもさることながら、意気投合したのはお料理の話。

 

彼はチームを率いてくるときはみんなのためにソウルフードを作ってくれたりする。

 

何と言っても外食は高くつくし、口に合わないものも多い。

 

 

 

 

彼が我が家に泊まるときは必ずソウルフードを作ってくれて、私はそれを見て覚える・・・。

 

おかげで、ずいぶんレシピが増えて、アフリカンアメリカンのお客様のおもてなしに役立ってる。そして、最近は私が作って振る舞えるように成長(嬉)。

 

 

 

 

 

(料理好き+ゴスペル好き)×アラバマの牧師=ゴスペルCD付きのソウルフードの料理本。

 

ある時、アンドレ牧師の提案で料理本を日本で出版した。
そのお話はまた今度。

 

 

彼が立つと我が家のキッチンも狭く見える(笑)
彼を慕うゴスペラーが集まって楽しい食事のひと時を過ごすのもまた楽しい。

 

なぜ、この記事を書いたかというとアンドレ師匠が我が家に滞在中!
本日の朝食は、久々に南部料理の定番でいこう。
久々にビスケットでも作ろうかな。

 

 

 

 

冷凍できる南部風ビスケットの生地

冷凍できる南部風ビスケットの生地

 

りるさん

 

生地を冷凍しておけば、いつも焼きたて!

 

レシピブログ